事業内容

取鍋

電気炉で溶かした鉄(溶鋼)は、次の工程に移されます。その際使われるのが取鍋です。1600℃以上にもなる溶鋼をもらさないためにも私たちの確かな築炉技術が活かされます。すぐれた鉄をつくるには、取鍋を用いた精錬や不純物除去が不可欠なのです。

取鍋
取鍋

真空脱ガス装置

溶鋼は取鍋に入れられ、この装置を稼働させることで、介在物などの除去が行われる設備に組み込まれる浸漬管・下部槽・胴部槽の築炉作業を手がけています。

真空脱ガス装置
真空脱ガス装置
真空脱ガス装置

連続鋳造

不純物が除去された溶鋼は、連続鋳造工程に運ばれます。この工程ではタンディッシュと呼ばれる容器に溶鋼が入れられるので、タンディッシュにも耐火物を張っています。

連続鋳造
連続鋳造